ボランティア・インターンシップTOP > プログラム > 海外ボランティア > カンボジア 子どもたちと音楽でつながる交流活動6日間

プログラム

カンボジア 子どもたちと音楽でつながる交流活動6日間

カンボジア シェムリアップ音楽を教える活動

長い内戦の影響で、カンボジアには音楽を教えられる先生が少なく、一部にしか授業が普及していません。鍵盤ハーモニカなど楽器の支援物資が世界中から届きますが、活用しきれていない小学校が多くあります。 この活動では、音楽家の永田正彰さんが行う国際交流活動に参加し、田舎の村の小学校を訪問。子ども達に音楽の楽しさを伝えます。

お申込/お問い合わせはこちら

この活動のポイント

  • 音楽家 永田正彰さんが行う、音楽をテーマにした国際交流活動に参加。
  • 田舎の小学校に訪問。参加者も一緒に楽しみながら、音楽の魅力を子どもたちに伝えよう!
  • 伝統舞踊・影絵芝居を伝承する村で、民族楽器とセッション。
  • 訪問する村と小学校で演奏会。事前に永田さんの指導のもとで練習します。

  • 1月~3月出発

【2020年2月出発】6日間 218,000円

3月31日(火)出発、高校生限定の「子どもたちと音楽でつながる交流活動」も募集中!

出発日・旅行代金

出発日 募集状況 旅行代金
2020年2月12日(水) 募集中 【東京・大阪発着】218,000円

※音楽家・永田正彰さんが関西空港出発で同行予定
※燃油サーチャージが別途必要になります。目安額:13,740円(2019年10月16日現在)
※日本の空港施設使用料(3,660円~4,100円)、現地空港諸税(3,600円)は、旅行代金に含まれておりません。(2019年10月16日現在)
※1人部屋追加代金:15,000円

スケジュール

1日目 シェムリアップ泊
午前: 東京・大阪発、空路シェムリアップへ(乗継)。

夕刻 : 着後、ホテルへご案内。夕食を楽しみながら自己紹介。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】○
2日目 シェムリアップ泊
<活動準備&歴史学習>
午前: 音楽家 永田正彰さんの指導のもと、訪問する小学校や施設で行う演奏の練習。
音楽は内戦時に弾圧の対象にありました。そのため、伝統音楽が楽譜に起こされていなかったり、アンサンブル用に編曲されていなかったりする場合が多いです。訪問先では、この活動のために永田さんが編曲し、楽譜に起こした伝統音楽を演奏します!鍵盤ハーモニカ、リコーダーなどの楽器をお持ちでしたら、ぜひ現地へお持ちください。
(バイオリン、クラリネットなど普段使われている楽器なども大歓迎です。飛行機の機内持ち込みに制限がありますので、楽器を持ち寄られる場合は事前にご相談ください。)

午後: 虐殺された方々が眠る寺院、ワット・トゥメイ(別名キリングフィールド)と地雷博物館を見学。内戦の歴史を学びます。

夜: 内戦時に弾圧を受け、一度は途絶えかけた伝統舞踊(アプサラダンス)を鑑賞しながら夕食。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】○
3日目 シェムリアップ泊
<伝統文化の保全施設を訪問&交流>
午前: カンボジアの伝統舞踊と影絵芝居を伝承する村を訪問。伝統舞踊と影絵芝居の要である民族楽器を使って、音楽セッションを行ないます。

午後: 伝統舞踊を守り続けるNGO「カンボジア・リビング・アーツ」を訪問。伝統舞踊の歴史について学び、民族楽器を体験します。その後、永田さんが編曲した楽曲で、民族楽器とのセッション。
カンボジアの伝統楽器とのハーモニーを奏でましょう。

夜: 自由夕食
※現地受入れ先の都合により、訪問先が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】-
4日目 ホーチミン泊
<小学校訪問>
終日: 村の小学校を訪問。子どもたちに音楽の楽しさを届けましょう。
日本から持ってきた楽器の紹介、ドレミを使った簡単なゲーム、楽器がなくても楽しめる「音」をつかった授業、声や身の回りのもの使ってハーモニーを奏でる実演体験など。最後は、子どもたちの前で演奏を披露し、お別れ。

ゲーム内容
・ドレミ指導
・ドレミを使った体操(ハンドサイン)
・身近な音を探す「音さがし」
・椅子取りゲーム
・リズムを使った遊び
・鍵盤ハーモニカを使ったゲームなど
実施内容は様々です。

夜: 参加者のみなさまで活動を振り返りながらの夕食会。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】○ 【夕】○
5日目 機内泊
<自由行動もしくはオプショナルツアー>

------
オプショナルツアー「世界遺産 アンコール遺跡観光」
※ご希望の方はお申し出ください。
※事前予約制/別料金/70US$~/現地払い
午前: 世界遺産「アンコールワット」観光。
昼: 市内レストランでご昼食。
午後: 世界遺産「アンコールトム」観光。その後、アンコールワットをモチーフにしたクッキーショップ「ANGKOR COOKIE」へご案内。
------

夕刻: 空路、帰国の途へ(乗継)。

食事条件 : 【朝】○ 【昼】- 【夕】-
6日目 -
朝: 東京・大阪着。

食事条件 : 【朝】- 【昼】- 【夕】-

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご了承ください。

  • 利用予定航空会社:ベトナム航空
  • 利用予定ホテル:ロイヤル・クラウン・ホテル
  • 旅行代金に含まれるもの:●往復航空運賃 ●日程表に明記された移動費用並びに観光費用 ●全行程のホテル代(2~3人部屋利用) ●現地係員費用 ●食事代金:朝食4回・昼食3回・夕食3回
  • 最少催行人員:6名 ※音楽家 永田正彰さんが関西空港出発で同行予定
  • 協力:永田正彰さん
  • 旅行企画・実施:風の旅行社

音楽家 永田正彰さんからのメッセージ

永田正彰さん

みなさん初めまして。今回のカンボジアツアーで同行いたします永田です。このツアーでは現地の小学校に訪問して子どもたちに演奏を届けたり、音楽を通して交流をしたり、カンボジアの伝統音楽に触れましょう!音楽が好きな方には心より楽しめる内容となっています。カンボジアに行って楽しい音楽を奏でましょう。みなさんとお会いできること心より楽しみにしています!

永田正彰さんプロフィール

2008年 大阪音楽大学器楽学科トロンボーン専攻を卒業。トロンボーンを宗清洋、清水敏也、横川忠明、バストロンボーンを小西元司、篠崎卓美の各氏に師事。第1回東京サミット音楽コンクールにて奨励賞を受賞。2013年より6年間、フィリピンの子どもたちの音楽教育に携わり、2019年に帰国。現在はアジア諸国で音楽を通じた国際交流や、音楽を使った地域おこし、児童養護施設での慈善活動などを企画。

メディア出演

  • 読売テレビ「グッと地球便」 (2019年7月22日放送)
  • NHK−BS1スペシャル 「スラム街 希望のオーケストラ」(2019年2月19日放送)

    活動の様子を動画で見てみよう!

    参加者体験談

    合わせて読みたいコンテンツ!

    • 旅行代金の一部が村の小学校への寄付となり、運営費や学期購入に役立っています。
    • 参加者の方に参加証明書をお渡しします。

    個別相談会のご予約はこちら!

    お申込み・お問合わせはこちら

    お申込みはこちら お問合わせはこちら

    お電話でのお問い合わせ・空席照会は
    海外ボランティアの旅 ピース・イン・ツアーデスク

    TEL:03-3207-3690 
    営業時間 (月)~(金)10:00~18:00/(土・日・祝休み)
    旅行条件書はこちら